毎日、辛い仕事。泣いてばかりの日々を終わらせる方法とは?

 

毎日、辛い仕事。

泣いてばかりの日々を終わらせるにはどうしたらよいのだろうか?

 

あなたは今、誰にも相談できなくて

1人で抱え込んで悩み込んでいるのかもしれない。

 

でも、1人で悩んでいても解決することなんてありません。

どんどんネガティブな方向へ考えてしまい、悩みが深くなるだけ。

 

確かにと思いませんか?

悩み始めた時より、今の方が辛い。

ということは、これからもっと辛くなっていくだけです。

 

そうならないためにも、今の仕事を本当にやり続ける必要があるのかを考えてみましょう。

 

本当にやりたいことなのか?

その会社じゃなきゃいけないのか?

 

もしかしたら、あなたは今の会社で働くことしか選択肢がないと思っているのかもしれない。

でもそんなことはない。

 

やりたくなかったら、やらなくてもいいし

楽しくなかったら、やらなくてもいいし

好きなことがあれば、それを仕事にすればいい

 

そう、自分の思った通りに選択をすることって

人生において、とても重要なことだと思うんです。

 

毎日、辛い仕事。泣いてばかりの日々を終わらせる方法とは?

好きな仕事をしたいのは甘えではない

 

私は、以前働いていたところの上司に

仕事が嫌になって、辞めたいと話したところ

仕事は、そんな甘いもんじゃない。

 

楽しくなくても、生きていくためにはやり続けるしかないんだ

 

まったく、意味がわかりませんでした。

「あなたはそうだったかもしれないけど、その価値観を人に押し付けてくるなよ」

と内心、思っていました。

 

俺の気持ちなんてどうでもよくて「やるしかないんだ」と。

 

そんな自分の気持ちで、その仕事を頑張れるわけがありません。

 

結局、その人は仕事をしていても楽しそうじゃないし

毎日、イライラしていました。

俺もこのまま働いていくと、こんな大人になってしまうのだろう。

将来に希望を全く感じない。

 

そんな不満を抱え、仕事を頑張ってみましたが

自分の気持ちは変わらず、逆に辞めたい思いが強くなり

思い切って「やっぱり辞めます!」とその仕事にピリオドを打ちました。

 

そのときの解放感といったら忘れられません。

 

結局、他人の人生を歩んでいたんだな

辞めて思ったことが、

結局自分はその上司の意見によって

自分の気持ちを抑え込み、仕事をしていたということ。

 

「もはや、そんなの自分の人生ではなく、他人の人生を歩んでるじゃないか」

 

だから、精神的にも辛くなり、辞めたくなる。

当然と言えば当然。

 

あなたが今、仕事が辛くて泣いているのも、誰かの意見が引っかかって

自分の気持ちに正直になれていないからでしょうか?

 

もしそうだとしたら、その人の意見は世の中のすべての声ではありません。

ほんの一部にすぎない。

 

だから、そんなに重く受け止める必要なんてないんです。

 

少なくとも、私は1人抱え悩んでいたときに

誰かに、そう言ってもらいたかった。

 

1人で悩んでいても、答えがまったく見つからないですよね。

ほんとに、一日どれだけ考えていただろうか。

死んでしまって、楽になりたいとまで思ってしまうほど。

 

一日中、そんなことを考えていたらネガティブになっていくのも当然だし

仕事のミスだって増えてくる。

そして怒られる。

こんな悪循環を起こしてしまう。

 

今日で、もうそんな悪循環を終わらせましょう。

 

まとめ

 

この悪循環を止めるには、「辞める」という選択肢があるということ。

 

実際に、転職サイトに登録して、いろんな募集を見てみる。

 

別に、試しでも全然かまいません。

登録したからと言って、何かしなくちゃいけないわけでもありません。

 

ただ、いろんな仕事を見ることで、

あなたがこの会社いいな

この仕事をしてみたいな

 

と、心が「ワクワク」するものが、もしかしたらあるかもしれない。

そうなったら、あなたはもう辞めることにたいして躊躇しなくなります。

 

今、未来にたいして「どうなっていくんだろう」と想像できないから不安なだけ。

 

違う仕事をして、これだったらうまくできそうとイメージできれば不安は無くなります。

むしろ、希望しか湧きません。

 

今、あなたが泣いているということは、

よほど仕事が辛く、精神的に限界がきているということ。

 

それは、このまま自然に治っていくということはありません。

今の仕事の環境を変えない限り。

 

人は、環境に影響される生き物。

地獄にいれば、暗い人になるし

天国にいれば、明るい人になります。

 

あなたが、あなたらしく働けることを心から願っています。

ここまで読んでくださり、本当にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です