人生試練ばかりで疲れた。不運・悲しいことが続く時の解決策とは?

 

人生試練ばかりで疲れた。

なんで、自分にはこんなに不運・悲しいことが続くのだろうか?

 

私は、この連鎖に悩んでいる時がありました。

  • 何をやってもうまくいかない。
  • 何をやっても続かない。
  • 何をやっても失敗してしまう。
  • 何をやっても怒られてしまう。

 

自分は人生をよくしたいはずなのに

現実は全くと言っていいほど、その逆に行ってしまう。

 

なんで、なんで、なんで・・・・

 

でも、この現実を呼んでいるのは

自分のセルフイメージが低かったから。

 

自分の過去の嫌な経験から

自分は「何もできない」、「才能がない」、「ミスばっかりする」そういう人間だというセルフイメージが出来上がっていました。

 

これから、私の体験談をお話していきますが

もしかしたら、今のあなたのために少しでも役立つかもしれませんので、気になったら読んでみてくださいね。

 

人生試練ばかりで疲れた。不運・悲しいことが続く時の解決策とは?

周りの環境があなたの人生に影響を与える

 

このセルフイメージが出来上がってしまったのは、私が大工をしていた時の話です。

 

私は、高校を卒業して製造業で働いていたのですが

ある時、こんな単純作業だけで人生が終わるのは嫌だと強く思い

あるきっかけで、「大工になりたい!」となりたいものができました。

 

製造業のころまでは、私自身のセルフイメージが低いということはなく

人生に対して、

「なんでこんなにうまくいかないんだ」とか

「俺って、ダメな人間だ」とは思っていませんでした。

だから、仕事もわりとこなせていた方でした。

 

しかし、大工の親方に弟子入りしてからというものの

私のセルフイメージがめちゃくちゃ下がることとなりました。

 

大工という、初めてのことだらけの世界で失敗することは当然あります。

でも、そこで私は親方に毎日

  • 「なんで、そんな簡単なこともできないんだ?」
  • 「お前は、本当にバカだな」
  • 「やる気あるの?」
  • 「こんなこともできなかったら、大工を辞めた方がいいよ」

 

と、毎日、怒られ、叩かれていました。

けど、私は大工で一人前になりたいという思いがあったので頑張ることができました。

 

しかし、頑張る気持ちがあっても

失敗の連続、ミスをして、またミスをして怒られる日々が続きました。

 

やる気はあるのに、現実は思い通りにいかない。

「なんで・・・?」

 

そんな自分が悔しくて涙がでました。

「もうキツイ・・・・」と。

 

失敗した=自分はできない人

 

私は、失敗して怒られるたびに

「自分は何をやっても失敗する人」

というセルフイメージが出来上がってしまいました。

 

案の定ですが、些細なことでもミスの連発。

親方もそれに呆れて、もっと怒るようになり。

まさに、試練が続くときでした。

 

私は、その環境が当たり前だと思っていました。

しかし、周りの人からは

「その環境は普通じゃないよ」

とたくさんの人に言われてから、そのことに気付くことができたのです。

 

他の環境で、働いたらもっとうまくできるんじゃないか?

もう、こんなに辛い思いをしなくてもいいんじゃないか?

 

と思えるようになりました。

そこで、その時働いていた親方のところを辞めることを決意して

別な大工の親方の元で働くことにしたのです。

 

でも!!

結局、失敗続きの自分は変わっていなかったのです。

すごいショックでした。

 

ここでも、俺は同じことを繰り返すのか。

あの辛い日々がまた繰り返される。

 

自分の可能性を信じて、半年頑張ってみましたが

何も変わりませんでした。

 

私が何を言いたいかというと

自分のセルフイメージを変えない限り

現実は変わらないということ。

 

そして、

「失敗=何もできない人」ではないということ。

ここを同一化させてしまうことが間違っているのです。

 

この失敗と自分を分離させることが重要なんです。

 

一流の人、成功している人たちも失敗はたくさんしてきている。

でも、成功者たちは失敗したから、自分はダメな人だとは思いません。

 

この選択が間違っていただけ。

このやり方が間違っていただけ。

 

「では、次はどうするのか?」

という変換が出来ています。

だから、成功者たちは自分のセルフイメージを下げることなく

高いまま、人生をよりよくしていけるのです。

 

そう私は、自分で不運を招くようなセルフイメージをしていたということ。

自分で自分を何もできない人だという思い込みは

ホントに何もできない現実を作り上げます。

 

なぜなら、私たちの脳は自分の思い込みですべての行動を選択するから。

「過去の経験から、きっとこうなるだろう」

 

「過去に失敗したから、きっと次も失敗するだろう」と。

頭の中には、常に失敗してはいけないあります。

 

脳は失敗してはいけないの「ない」の判断ができません。

「失敗」しか認識することができません。

 

結果、何をやるにしても失敗を招くということになります。

あなたの今のセルフイメージはどうなっていますか?

 

まずは、それを認識することから始めると人生は変わり始めますよ。

そのことに気付いてると気付いていないでは、大きく違います。

 

まとめ

 

自分がどんなことを意識しているかをわかっていないで

自分の人生をコントロールすることはできません。

 

試練ばかり続く、不運、悲しいことが続くのも自分のことをわかってないからです。

そして、

あなたは、何もできない人ではないし

あなたは、不運でも悲しい人でもありません。

 

そう思い込んでいるだけ。

思い込みは現実となります。

 

じゃあ、今の辛い状況を抜け出すにはどうしたらよいのか?

  • 今の環境は居心地がいいのか?
  • あなたが本当に望む未来はなんなのか?
  • 過去に何をしていた時に、楽しいと感じることができたのか?
  • あなたのなりたい人、尊敬できる人は誰なのか?

 

これらをノートに書き出して、可視化することです。

そうすれば、自分がどんな人なのかが分かります。

 

嫌いなことをしていて、楽しそうに生きている人、成功者を見たことはありますか?

きっと、見たことはないはずです。

 

なぜなら、人生うまくいっている人たちは

自分のワクワクするような好きなことをしているから。

 

だから、あなたも未来に対してワクワクできるようなものが見つかれば

きっと、人生は良い方向に向かうでしょう。

 

あなたの人生が幸せになることを心から願っています。

ここまで読んでくださり、本当にありがとうございました。

 

参考記事:人生が辛いのはなぜ?試練が続く時の意味とは?

 

<ブログランキングの応援をよろしくお願いいたします!>

・あなたのワンクリックが、私のモチベーションを支えています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

人気ブログランキング

前回記事:仕事が辛い限界。行きたくないなら休むのはアリに決まってる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です